「激アツ過ぎてハマる!オンラインカジノガイド」ではオンラインカジノに関するお役立ち情報をお届けしています。

menu

激アツ過ぎてハマる!オンラインカジノガイド

常に自分の持ち金の10%を賭け続ける

27-05

10パーセント法を従って、使いこなすためには、勢いに便乗する度胸と場の流れを読む直観力が重要になります。負けが込んでいる時にこのルールのせいで、原点回帰さえむずかしくなります。

プラスに収支を持っていくのは10パーセント法をもちいて連敗すると、非常に大変です。けれども、磐石のベッティングとは10パーセント法はいい切れません。

)負けを目減りした軍資金で取り返すのは非常に大変な作業だからです。自分の持ち金によってこのようにベットが変化をするので、「勝つ時は大きく勝ち、軍資金の減りを負け続けても最小限に抑えることが出来る」戦術と10パーセント法は言えます。

持ち金が負けたら99ドルになるので、99ドルの10%にあたる10ドルを次は賭けます。「○回追い上げて負けが続いたらやめる」というようなルールを最初から、自分で設定しておくといいのではないでしょうか。

100ドルの10%にあたる10ドルを最初は賭けます。(端数切り上げ。

それに、MAXベット(一度に賭けられる最大ベット)がカジノでは決められている場合が多く、軍資金の10%をいつもそうとは賭けられない場合もあります。勝率がほぼ50%で配当が2倍のギャンブルゲームであるバカラや赤・黒などに効果を発揮します。

興味深いみたいに順調に勝ち数を増やしているうちは利益が膨れ上がりますが、負けが最初から続いてしまうと否応無く苦戦をどぎついられます。次は110ドルの10%にあたる11ドルを賭けます。

ツキに守られているときがあればツキに見放されている時も如何いったギャンブラーでもあります。極端にいえば、ほとんど10パーセント法は運任せの戦術と言っても大げさではありません。

持ち金はその勝負に勝てば、109ドルとなります。たとえば、軍資金が100ドルだします。

いつだって自分の持ち金の10%を賭け続ける「10パーセント法」とは、ベッティングシステムの事です。「今日は運がないな」と極端に負けが続く時は、割り切って、引き上げを早々に決断しましょう。

持ち金がその勝負に勝ったら、110ドルになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。